モデル 岩井ヨシエさん meets「TICCA」
いつまでも自分らしくファッションを楽しむ秘訣

ファッション誌「素敵なあの人」のモデルとして活躍する岩井ヨシエさんが「AT THE VOICE」に登場。「TICCA(ティッカ)」のボーダーニットを私服に合わせて着こなしてくれたエイジレスな魅力あふれる彼女に、「TICCA」との出会いから着こなし方、ファッションへのこだわりについてインタビュー。

あらゆる人のクローゼットになじむ「TICCA」の服

「モデル業と並行して、アパレルやセレクトショップのコンサルティングもしているので、仕事柄さまざまなショップを見て回っています。最初に出会ったのはいつだったか忘れてしまったのですが、感度の高いセレクトショップには必ずというほど『TICCA』の商品が並んでいて。品が良くてシンプルな服はどのショップ空間にもなじんでいましたね。つまりは私のクローゼットにもなじむはず!と思って迎え入れたのが始まりです」

服をまとうことで自分が素敵に見えるかどうかが大事

「『着回しが効く』とか『あると便利』といった理由で服を選ぶことはもうないですね。これまでたくさんの服を着てきましたから、自分がその服をまとうことで素敵に見えるかどうかが買い物の決め手に。ファッションを楽しむ上で意識しているのは、カラーや素材、ちょっとした着方の工夫で出る抜け感など、さりげなくトレンドを取り入れること。常に新しい自分でいたいですし、おしゃれをすること自体がすごく楽しいですよね!」

カジュアルなボーダーニットは品良くまとめるのがコツ

「ベーシックなデザインの『TICCA』の服は、難なく手持ちの服に取り入れやすい“優しさ”があると感じています。中でも、永遠のMY定番であるボーダー柄のニットはお気に入りアイテムの1つ。今回は成熟した大人の女性を表すマチュア世代らしく、シンプルに黒のロングスカートとブーツを合わせてみました。清潔感がとても重要になってくる世代なので、カジュアルスタイルも品良くまとめることがポイントかなと思います」

ニットバスクシャツ ¥25,300(tax in)

フランスのエッセンスを自分の生き方や日常に取り入れる

「白湯を飲む、ビタミンCをこまめに摂る、なるべく歩くなど、私が健康のためにしていることはごくシンプルなことばかり。基本的にはパリ滞在中に学んだフランスの歴史や文化、美容、食、ファッションなどを自分の生き方、思考、ライフスタイルにエッセンスとして取り入れています。コロナ禍で慌ただしい東京の生活から、緩やかに時間が流れるパリでの生活に少し戻れた気がしているので、自分の時間をより大切にしていきたいですね」

10月15日(金)発売予定の「素敵なあの人」12月号では、素敵に歳を重ねる人気モデル、岩井ヨシエさんの魅力に迫る特集をお届け。「TICCA」のショールームへお越しいただいた際の様子もご紹介していますので、ぜひご覧ください。

岩井ヨシエさん着用商品一覧はこちら